ゆんゆんのロマンス感想サイト

yunyunn.exblog.jp
ブログトップ

裏切りのハネムーン リン・グレアム R2419

リンの新刊チェックだけはやめられない私w
「三人の無垢な花嫁」3部作の1冊目。

ヒーローはギリシア人実業家。
不幸な生い立ちの彼を育ててくれた養母のために、
養母の家族の持ち物だった古い屋敷を手に入れようとしている。

そこに住んでいるのがヒロイン。
ヒロインの祖母は、ヒロインの母が、ヒーローの養父に
結婚式で捨てられた事を恨んでいて、
遺言で、財産を譲る条件を「ヒーローとヒロインが結婚すること」
としてしまう。

ヒロインは、8年前に生き別れた年の離れた妹を捜していて、
そのために遺産が必要。
なので、屋敷を手に入れたいヒーローとの「便宜的結婚」を受け入れるが、
結婚直後、祖母の意地の悪い陰謀が浮かび上がり・・・・。

ヒロインと、父親の違う兄妹がいて、その3人で3部作のようです。
こういう3部作過去にもあったけど、
生い立ちが違ったり存在すら知らなかったりして、
「別に兄弟姉妹でスピンする必要性ないじゃん」ってほぼ毎回思います。
そして今回はその異父兄弟設定のために、説明の部分が過剰になりすぎて、
ロマンスが薄くなっちゃってました。

ひとめでヒロインにめろめろになっちゃう
プレイボーイヒーロー部分は楽しめましたが、
ヒロインがいつもの天然というより、
ヒスったり大ボケこいたり逆ギレしたりめそめそしたり
行き当たりばったりな感じ。

展開が早くて次々とエピソードを繰りだしてくるので、一気に読みましたが、
作品としてはイマイチでした。
3部作って、1作目が設定紹介のための作品になってしまうことが多いのですが
まさにそんな感じの作品でした。
でも2,3作目には期待しています。
リンが3ヶ月連続で読めるのはすごくうれしいです。
[PR]
# by yun-yunn | 2009-09-19 10:18 | リン・グレアム